農業法人設立で困った日本をなんとかしたい。雇用の促進と食糧自給率を向上させ、和力(わぢから)を取り戻すことに情熱を燃やすスペシャリストたちのブログ


by 7d45

袖ヶ浦で見たもの 「山が無くなる」

袖ヶ浦訪問で、酒造を訪問することになり鹿野山に向かいました。
ちょうどマザー牧場の近くですが

そこで見たのは山がいくつも削り取られてなくなっている光景

東京湾を埋め立てたり、コンクリートの材料として
大量の砂が必要なためこの山から削り取ってダンプで
運ぶのです。

現在は砂の採取はされていませんが、最も盛んだったころは
運搬のためにダンプが往来してあたりに粉じんをまき散らし
住民への健康被害が出るほどだったそうです。

しかし驚きます。

山があったであろう場所に巨大な穴があいているのです。

大きさは計り知れないくらいデカイです。
原爆でも落ちたのかと思うほどです。

現在はその大きな穴に東京などで建設の際に出た残土や
産業廃棄物として処理される廃棄コンクリートなどを
運んできて逆に埋め戻しているといいます。



人間とはなんて傲慢なんでしょう。

そして埋め立てられた東京ディズニーランドで遊んでいる
人たちのうち何人がこの事実を知っているのでしょう。


自然破壊も国家的プロジェクトなら許されてしまうんですかね・・・・


未来の子供たちがその責めを受けることになるのに。


以下のサイトが大変参考になりました。
山砂の採取(山が消える)
[PR]
by 7d45 | 2009-09-02 22:54 | 環境問題